いびき・無呼吸(お子さん)
お子さんのいびき、無呼吸、アデノイド、扁桃肥大
『いびき』は何らかの原因で、息を吸う道がせまくなることでおこります。さらにせまくなると、完全に息を吸う道がとじてしまい、『無呼吸』という窒息状態になることがあります。
子供さんのいびきに一度気がついてしまうと、「息が止まって、心配」という親御さんも多いものです。
原因:いびきの原因はさ様々ですが比較的多いものを書いてみます。
1.アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎など、鼻づまりによるもの
2.アデノイドという扁桃腺や、口蓋扁桃(いわゆる扁桃腺)が、大きい ことによるもの
3.肥満、顎が小さい、のどの形態異常など
当院での検査の進め方

●お鼻とのどについて、診察。ファイバースコープなどを行う事があります。
●携帯型睡眠ポリグラフを貸し出し、自宅で睡眠中の呼吸と動脈血中酸素濃度を測定します。

睡眠ポリグラフの検査では、呼吸情報と血中酸素濃度(SpO2)の情報の2つがわかりますので、睡眠中の呼吸のみだれや、とぎれているかまた酸欠の程度などが予測できます。

治療
●お子さんのいびきや無呼吸の治療には、鼻が通って、呼吸ができるようにすること。
1. まず鼻づまりの治療をします。抗アレルギー剤などの飲み薬や、点鼻薬を一緒に使います。アデノイドや扁桃の手術を受けても、この鼻づまりの治療は続けなくてなりません。
2. アデノイド切除術+口蓋扁桃摘出術
  アデノイドや扁桃は、5〜7歳前後が最大の時期です。小学校高学年になれば、徐々に縮小し、またお顔の大きさも成長しますから、気道も広がります。つまり大きくなれば、呼吸は楽になることが期待できます。
ですが、今現在の症状を、すぐに改善するためには手術療法のみが有効です。
●よく昔は扁桃腺をとると風邪引きやすくなると、言われていたそうです。実は根拠がないお話でした。
現在では、『扁桃腺をとる手術』で、『免疫力が下がる』ことはないとされています。
手術を受けたお子さんの保護者に聞いても、むしろ風邪引きづらくなった、丈夫になったと言われる気がします。睡眠中のひゅっとした吸い込み・むせりが減るからかもしれません。
※手術するかどうかの判断で迷ったら・・・永遠の課題です。保護者の方を悩ませてきました。
 
○ 無呼吸はちっ息で、本人は苦しい状態であることをご理解ください。
○1回でなく、かぜの時なども含め、何回も睡眠中の様子を観察してお考えください。
○睡眠ポリグラフでは、酸素飽和度の一晩の様子を推測しますが、すべてがわかるわけではありません。私見ですが、やはり保護者の方が見ても「こんな呼吸では心配だ」と思われるようでしたら、手術すべきかな、と思っています。
★全身麻酔で約1〜1.5時間、入院期間11日間。手術のリスクと症状を考慮して判断します。